東京で食う飲む!Restaurant or Bar around Tokyo and Far East. There is a great diversity of food and culture in Japan. You will enjoy the huge range style of food from very local Japanese food to a lot of foreign foods. I hope you will find and feel the diversity of foods in Japan.

13 September 2014

キルホーマン蒸留所 アイラ島 Kilchoman [スコットランド蒸留所巡り]

Kilchoman
Loch Gormを右手に見ながらBridgentから20分車を走らせると,茂みの中から煙が上がっているのが見えてくる.Kirchomanの蒸留所だ.農家の中での製造を続けており,九州の山奥の我楽房の雰囲気もある.そばでは羊やポニーが,何をするでもなく湖や来訪者を眺め,青リンゴのような乾草の香りが漂っている.


100% Islayを標榜するように,すべて(樽と瓶以外)を自前でまかなっていこうという新しい蒸留所.ビッグビジネスになってしまった他の蒸留所からすると,ひとの手を感じさせるプロセスが多く残り,家内性手工業であった18世紀以前のウィスキー作りを追体験できる.
麦やピートもアイラ産で,アイラ島でボトリングまで行うのだから,その様子を眺めるだけでも,行く価値はある.(ただし,熟成は連合王国本島で行うものがある.)
年は若く,黄金色までいかないが,初秋のスコットランドの,午後の陽ざしの薄い黄色が多い.バニラ香のする,ピートの利き,アイラらしい潮風が流れる.
2tごとのmaltingで,小ロット生産.single maltでは品質管理が難しい気がするが,スタッフは気に留めていないような返事であった.アイラ島ブランドで押していくのはよいが,Edradawerにならないことを祈るのみ.今のところ一か所のバーボン樽を主に使用しており,これは小ロット生産の強みかもしれない.
アイラ島のクリーミーな生ガキには,ここの100% Islayを勧める.

Search This Blog